top of page

お知らせ・ブログ

調剤薬局専門税理士に依頼すべき理由2選!

こんにちは!調剤薬局専門税理士の市川です。


一部の税理士事務所は特定の業界に特化していることがありますが、調剤薬局に特化した税理士が提供するメリットについて考えたことはありますか? 今回は調剤薬局専門税理士として、あなたの経営をサポートするための新たな視点をご提供します!


特徴1:業界知識が豊富 税理士業務といえば、記帳代行や税金申告が思い浮かびますが、それらは業界によっても特徴が異なります。例えば、調剤薬局業界では、調剤報酬や補助金の申請、厚生労働省の法律や規制への対応など、特有の知識と経験が必要となります。

また、コンビニと調剤薬局を比較すると、売上構造や顧客獲得の方法が大きく異なります。レセプト請求を行っているため売掛金の貸倒リスクがほとんどなく、顧客は患者さんであるが、売上にはクリニックの性質によっても大きく変わってくるという特性を持ちます。これらの業界特性を理解している税理士が経営者のパートナーとして寄り添うことで、適切なアドバイスを提供し、経営者の安心感を高めます。

私自身、調剤薬局に特化して税理士業務を行っています。毎月のレポート作成時には、調剤薬局の特性を反映した形で提供します。具体的には、調剤報酬のトレンドやジェネリック医薬品の利用状況、患者数の動向などを基に、経営について深く話し合います。


特徴2:料金が適切な場合が多い 税理士事務所の多くは税理士が負担する工数(時間)を元に料金を決定します。しかし、たとえ同じ試算表であっても調剤薬局に精通した税理士が担当するかしないかで税理士が負担する工数(時間)が異なります。業界特化型の税理士が提供するサービスを利用することで、適切な価格以上でのサービスを受けられる可能性があります。

業種特化型の税理士は、その業界の特性やニーズに合わせたサービスを提供します。具体的には、調剤薬局の経営者にとって必要な税務のアドバイスや補助金申請の支援、医薬品在庫の税務処理など、調剤薬局に特化したサービスを提供します。


結果として、調剤薬局経営者は、自分たちの業界に精通した専門的なサービスを得られ、経営の効率化や業績向上につながる可能性があります。

ただし、税理士の選択は、専門性だけでなく、相性や信頼関係も重要です。複数の税理士と面談をし、自身の必要なサービスと料金のバランスを確認して選ぶことをお勧めします。

私自身も、調剤薬局専門の税理士として無料相談サービスを行っています。顧問税理士の選び方に迷っている方、調剤薬局の経営について何か困っていることがあれば、ぜひ一度ご相談ください。あなたの経営を最大限にサポートするためのアドバイスを提供できることを確信しています。

Comments


bottom of page